ブログを参考にする

外貨の売買をするFXでの注文方法にはさまざまありますが、基本的には成行注文、指値注文、逆指値注文がポピュラーな方法です。中でも初心者には成行注文が解りやすくておすすめです。

FXの注文方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近多くの人に人気なのが、少ない手持ちの資金で始めることができるFXです。
このFXですが、実際に注文をする際、どのようにしたら良いのか解らないという人もいると思います。
FXの注文方法にはさまざまな種類がありますが、もっともポピュラーなのが、成行注文、指値注文、逆指値注文です。
中でも、初心者の人に解りやすい注文方法といわれているのが、成行注文です。
成行注文というのはプライス注文とも言われ、注文方法はその時々の時価で売買する方法です。
その時の時価での売買なのでとても解りやすいということが初心者向きといえます。
つまり、市場の動きを見て買いたい、と思ったら買うことができ、売りたいと思ったときに売れるのです。
ですが、この成行注文のデメリットは、正確にはいくらで約定するのかが解らないということです。
そのため、成行注文をする際には、市場の動きを冷静に判断することと、タイミングを見極めるということが大変重要になってきます。
FXの注文方法にはさまざまな種類がありますが、どういった注文スタイルにするのかということは、トレーダーのトレードスタイルによります。
自分がどのようなスタイルで売買をするのかということは、売買の経験も必要になってきますが、自分にあった注文方法を選ぶということが大切だと思います。
また、注文の仕方を練習するには、口座開設の会社サイトに設けられているデモトレードを活用されるのが良いかと思います。

話題になっているFX。ココがイチオシです