ブログを参考にする

納税は国民の義務で、すべての収入、利益に税金は課せられますが、それはFXでも同様で、納税の義務があります。確定申告に際には必要な書類などもあるので、事前に調べておくことが大

税金の納め方

このエントリーをはてなブックマークに追加
納税というのは国民の義務にあげられています。
収入、利益というものを得た場合は国に必ずそれに見合った額の税金を納めなくてはいけません。
それはFXでの利益でも同様で、FXで得た利益の分は、きちんと計算して、税金を納めなくてはいけません。
ですが、日本の納税の仕方というのは、その計算方法も含めて非常に複雑です。
中には、FXで得た利益でも納税が必要ということを知らないという人もいると思います。
納税の義務というのは知らなかったでは済まされないことが多いので、FXをはじめようと思っている人は、必ず事前に税金のことを調べることが大切です。
FXの利益は雑所得に分類されます。
また、店頭取引の場合と、取引所の取引とでは、税金の課税方式が違います。
店頭取引の場合は総合課税、取引所での取引の場合は申告分離課税となります。
確定申告の際にはFXの取引で生じた損益の報告書が必要になりますので、FXの取引口座を作った会社や業者のサイトからダウンロードするなどをして、書類を用意しておく必要があります。
税金というのは素人ではなかなか解らないことも多いと思います。
解らないことは、インターネットで詳しく調べるか、国税庁のホームページなどで調べることをおすすめします。
少ない資金からはじめることができると趣味としても人気のFXですが、外貨の売買が少額であったとしても、国に税金を納める義務が生じるということを知っておきましょう。

話題になっているFX。ココがイチオシです